07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

せーぞんほーこくξ゚⊿゚)ξ

ニュース速報VIP板のブーン系小説を書いている人の秘密の隠れ家(失笑)ブログ。ちまちまと生存を報告する所存。

--

--/--

--

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【 スポンサー広告 】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback -- |comment --

page top

 

2009

05/06

Wed

19:32:16

回顧録その3 

Category【 自分まとめ 】

一応2008年まで振り返って終わりにするつもり。そんなチラ裏。

そんなこんなで総合でお題を募集した。
ちなみにもらったお題は


首輪を付けてお散歩
カーテンを閉め忘れて○○ニー
耳を舐めまわす
今日も今日とて全裸
ミルクセーキ
とびっこ常備
トイレで○○ニー


これだけ見ていると総合民が変態のすくつに思われてしまうので、一応述べておく。
自分は

( 聖)「ソフトエロなお題ください」

といったのだ。エロ系なら多少文章がアレでも、勢いでどうにかなるという計算があったのは言うまでもない。かくして1年以上の時を経て総合短編を書き出したのだ。

( 聖)「フハハハ!! 書ける! 書けるぞお!!」

題をもらったらすぐに書き始めた。
作成から投下まで要した時間は1日。
今では考えられないペースではある。まあ、内容が短めだったのもあるのだけど。

そして投下した作品。タイトルは~ξ゚⊿゚)ξのある日のようです~
これはトップの自作品の記録にあるので、もしよければ見て欲しいのだが、内容をかいつまんで話すと、冬休みを迎えたツンは、家を追い出されたブーンを入れてあげる。しかしジュースと間違えてお酒を飲んでしまい――という作品だ。


題材はありきたりだが、反応は前回に比べてよかった。
草も生えた。前回のようなものではなく、だ。

(* 聖)「うはwwwwww草生えたwww俺が書いたので草が生えたwwwwwwwwwww」

と文字通り飛び跳ねて喜んだものである。
これでただでさえ高かったモチベーションをさらに上げて、ついには現行を持とうと決心したのである。
長編と短編は勝手が違うが、そんなこと考えてなかった。今思うに自分は果てしなくバカだった。後悔はしていないが。


当時、現行にしようと思った題材は3つあった。
魔法ファンタジーと個人経営の探偵もの。次点で学園ラブコメ。

結果としてその中から探偵ものを選んだ。
それが~( ^ω^)从'ー'从聖者達に死を、のようです~の原型となった。

ここらへんの詳細は作品が完結してから語るとして、大雑把にさせてもらうが、これもまた怒涛の勢いで書き上げた。
3kbしか書いてなかった原型案から話の世界を作り上げ、初めてノートでプロットというものも書き上げた。

( 聖)「どうりゃああああああ!!」

そして1話が書き終わった。2話も書き始めた。結末も考えてある。
発想は泉のごとく湧き出てくる。

( 聖)「でも、現行ってやっぱ緊張するなあ」

やったことある人はわかると思うけれど、スレ建てというのはとても緊張する。
それこそノミの心臓の様な自分にとっては人生の一大事である。
しかも投下したら完結させるまで、義務とはいわないまでも責任がある。
初めての人間にプレッシャーがあるのは当然だった。

( 聖)「建たなかったらどうしよう……」

あまつさえ建たなかった場合のことなど考え出して悶絶すること2日。
2008年12月8日。かくしてその日は訪れた。

( 聖)「あ、手が滑った」

スレが建たなかった場合のために代理スレ建て依頼のレスを用意しておいたのだが
それを書き込み欄にコピペして、実戦に備えて練習していたら間違えて書き込みボタンを押してしまったのだ。

~まだまだ続くよ~

trackback (0) | comment (0)

page top

 

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://seizonnkiroku.blog97.fc2.com/tb.php/86-44a3def2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。